JSSC(ジャパン・スケール・シップクラブ)規約

名称
第1条 本会は、JSSC(ジャパン・スケール・シップ・クラブ)と称す。

目的
第2条 本会は、スチームエンジン・電動モーター・音の静かなエンジン等を動力とする
スケールシップの工作と、RCによる走航を楽しみ、情報交換・他クラブとの交流
等により、工作技術の向上と会員相互の親睦を深め、会の発展を図る事を目的とする。

会員
第3条 本会は、上項目的を賛同し参加出来る者(年齢性別不問)をもって組織する。

事業
第4条 本会は、次の事業を行う。
1)定例走航会 実施月は、5月・7月・9月・11月・1月・3月の各月の第3日曜日とする。
  但し、4月(春)・10月(秋)の臨時走航会を予算が許せば開くことがある。
  会場は、吹田千里丘万博記念公園大地の池にて行う。
2)上記以外に臨時・他クラブとの合同・遠征等の走航会を実施する。

役員
第5条 本会に次の役員を置く
会長      1名
会計      1名
会計監査員  1名
第6条 会長は、本会を代表し、本会の会務を処理する。

会計は、本会の会計事務を処理する。

役員の任期
第7条 役員の任期は、4月から翌年3月31日までとする。
ただし、再選を妨げない。
役員は、その任期が満了しても、後任が決まるまで引き続きその会務を行うものとする。

会計
第8条 本会の経費は会費、その他の収入金をもって充てるものとする。

第9条 会員は、本会の事業を維持する為に会費を納入するものとする。
1)会費は、年額壱万円とする。(半期毎の分納可)
2)会費は、年度初めの(5月)定例走航会までに納入するものとする。
3)臨時会員(1日)1隻 1000円 2隻以上は2000円 をその都度徴収する。

第10条 本会に於いて収受した会費その他の収入金は、いかなる事由が生じても返還はしない。

第11条 本会の会計年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

第12条 会費を滞納し、または連絡がない場合は退会したものとみなす。

新規加入
第13条 本会に入会を申し出たものは、入会申込書に記入の上承認を得るものとする。

第14条 入会を承認された新会員は、会費を納入しなければならない。

慶弔費
第15条 会員の死亡時は、香典壱万円とする。

罰則
第16条 本会は、すべて紳士淑女の精神に徹した人々の集まりである事を念頭に置き、
本会およびその他に於いて著しく妨害しもしくはこれに準じる行為を行ったものは、
会員協議の上退会させる事もある。

付則
第17条 定例走航会参加会員車両について、次の通り付則を定める。
1)定例走航会に自己車両で参加する会員は、当日8時30分までに所定の集合場所に集合すること。
2)集合し入園車両調整の結果公園内の駐車可能は6台でそれ以外の車両は搬入後、日本庭園前駐車場に
駐車する事とし料金は全員個人負担する。駐車可能の6台分の車両に関しては駐車料として1200円を
会計に支払い会費に充当いたします。 
3)集合時刻に遅れたり、当日早退等自己都合による駐車場利用は日本庭園前駐車場に直接駐車する事
  料金は自己負担とする。会場内への入園費はメンバータッグを掲示すれば無料です。
4)入園車両搬入は、午前9時までに行い所定の位置に駐車すること。
  搬出は、午後5時以降とし歩行者がいる場合もあるので走行時速10km以下とする。
5)安全第一とするが万一事故ある場合は、当事者間で解決し、本会は一切関与しない。

第18条 電波管理は、管理ボードで行い充分配慮し各会員個人が協議のうえ行いトラブルが生じないよう注意すること。

第19条 本会は、低速艇・高速艇に分類するがスピードレースを目的としたレーシングボートは対象外とする。
エンジン艇はガソリン艇、4サイクルエンジンで特に消音効果のある物のみこれを認める。
グローエンジンはオイルなど池の環境問題で万博記念機構の許 可が出ておりません。
エンジン艇は池にオイルが出ないよう注意すること。

第20条 走航時間帯は次のように定める
   9:00〜 9:45   高速艇専用時間帯
   9:45〜11:00   
低速艇専用時間帯
   11:00〜11:30   高速艇専用時間帯
   11:30〜13:00   
低速艇専用時間帯
   13:00〜13:30   高速艇専用時間帯
   13:30〜14:00    低速艇専用時間帯
   14:00〜14:30   高速艇専用時間帯
   14:30〜16:00   低速艇専用時間帯
 昼からの13 時から17時までは安全運転を基本に遵守して自由に走航する事もあります。
第21条  安全走航について
あくまでもスケールシップクラブの名前のごとく各自安全走航に心がけ衝突事故などないよう留意し、
スケール艇らしい速度で走航、他の船を追いかけたり、スピードを競ったりしないこと、走航は時計回りで旋回すること。

施行期日 平成25年1月1日から適用する。